プロミスで即日融資を受ける方法

プロミスのキャッシング特徴

プロミスは数ある消費者金融の中でも1、2を争う大手です。それだけ多く人に利用されているのには、それだけの理由があります。審査時間が最短で30分という点や、他社とは多少異なる無利息サービスの提供、そして、曜日や時間帯に関係なくいつでも銀行口座まで借り入れが行える点など、大手ならではの多数のサービスを利用することができます。
 

【特徴1】プロミスなら即日融資は当たり前です!

プロミスでは最短30分審査で融資を行っています。その為、夕方の遅い時間になってもその日のうちに借り入れを行える可能性があり、急にお金が必要な人にはとてもおすすめできます。

申込みはネットで行った場合でも、審査結果が出た後に自動契約機を利用するという方法で、現金で即日融資を受けられます。プロミスの自動契約機は全国に1200台以上設置されているので、この方法を使う場合において自動契約機を探すのに困ることはまずありません。

ネットではなく直接店頭や自動契約機から申込みを行った場合は、審査に合格すればその場で現金での借り入れが行えます。

プロミスからこの即日融資を受ける時の注意点としては、30分はあくまで最短の審査時間なので、多少余裕をもって審査に1時間程度はみておいてください。特に自動契約機を利用する際には営業時間に気を付けてください。
 

【特徴2】無利息サービスに特徴があります

プロミスの提供する無利息サービスは、他社とは多少異なる特徴があります。新規の契約者を対象に、30日間無利息となる点では一緒ですが、プロミスの場合はその開始が契約日からでなく、実際に借り入れを行った日からになります。

つまり、契約だけを行っておき、借り入れは一切行わないと、無利息期間の開始を好きな時までとっておくことができるのです。

プロミスの無利息サービスはこのような仕組みになっているので、契約をしてカードだけを持っておくということができます。このようなことができるのは、大手消費者金融の中ではプロミスだけです。プロミスのカードローンはこのように、いざという時の備えとしても利用することもできるのです。
 

【特徴3】24時間振込サービスがあります

プロミスから銀行口座への振込で借り入れを行う場合、おおよそ14時までには手続きを行わないと当日扱いになりませんが、三井住友銀行、またはジャパンネット銀行の口座に限り、24時間いつでも瞬時に振込を受けることができます。

このサービスは契約後はいつでも利用することができるので、即日融資にも利用することができます。当日中に契約ができれば、その後にはいつでもそれらの銀行の口座まで借り入れを行えるということです。

その他の銀行ではもちろん平日以外に振込を受けることはできませんが、上記の2つの銀行への口座に限っては、曜日や時間帯を一切問いません。例え土曜日の夜中であっても、すぐに口座まで振込が反映されます。

他社にも同様のサービスを行っている消費者金融がありますが、プロミスでは大手都市銀行の三井住友銀行の口座が利用できることから、とても利用しやすいサービスになっています。
 
 

プロミスで即日お金を借りる方法

有人店舗を利用する

プロミスの有人店舗を利用すると、来店時間によってはその日のうちにお金を借りることができます。営業時間は月~金の朝10時~夕方6時で、土日や祝日は営業していないので注意してください。

この有人店舗を利用する際には、ある程度余裕をもって来店してください。プロミスの審査は最短30分ですが、それはあくまで最短の場合なので、1時間程度はみておいてください。もし即日で審査が終わらないと、お金を借りることができるのは後日以降になってしまいます。

そして、必ず運転免許証や健康保険証などの本人確認書類を持参してください。50万円までの希望であれば、用意する書類はそれだけで構いません。

ですが、プロミスの有人店舗は全国に20店舗も存在しない為、近隣の店舗を見付けること自体が難しいと言えます。急ぎの場合にはその他の方法を選択した方がいいかも知れません。

プロミスのオペレーター
(出典:今すぐお金を借りる
 

自動契約機を利用する

有人店舗の数と比べて、プロミスの自動契約機は全国各地に1100台以上設置されています。特に駅前には数多く設置されているので、簡単に一番近くの自動契約機を探すことができます。

自動契約機が設置されている無人店舗は、誰かが利用中は他の人は入ってこれない仕組みになっているので安心して利用してください。持参する書類は有人店舗の場合と同様です。

営業時間は朝9時~夜10時(一部夜9時までの店舗もあります)となっており、土日や祝日でも営業しています。審査にはやはり1時間程度はみておく必要があるので、営業時間の終了する1時間前までには来店した方がいいでしょう。
 

ネットからの申込み

ネットを使った申込みは時間や曜日を問わず行うことができます。ただし、審査を行っているのは朝9時~夜10時までの間なので、これ以外の時間帯、また夜10時近くに申込みを行った場合は審査結果が出るのが翌日になってしまう可能性があります。

この申込み方法でその日のうちにお金を借りるには、銀行振込、または直接現金で借りることになりますが、銀行振込を希望する場合には午後2時までに審査に合格しなくてはいけません。そして、銀行の営業している平日であることも条件になります。

現金で借りる場合、審査に合格した後に自動契約機を利用してください。プロミスの自動契約機はカードの発行だけにも利用することができるのです。申込みを行った後に最寄りの自動契約機の近くまで移動していると、審査結果の連絡を受けた後すぐにカードの発行を行えます。

このネットから申込み、審査に合格後に自動契約機を利用してカードを発行するという流れは、一番即日借り入れに向いていると言えるでしょう。カードの発行は自動契約機の営業時間中であれば、いつでも行うことができます。携帯電話やスマホを利用すると申込む場所も問いませんが、他の方法と同様に本人確認書類が必要になるので、出先から申込む予定の人はそれを忘れずに携帯してから出掛けてください。
 

電話による申込み

プロミスへは電話で申込むこともできます。この電話による申込みは朝9時~夜10時まで受け付けており、土日や祝日でも行うことができます。

ただし、その日のうちにお金を借りるとなると、申込みの続きを営業時間内に有人店舗、もしくは自動契約機で行わなくてはなりません。郵送でも行うことができますが、それではその日にお金を借りることはできません。

よって、即日融資を希望している場合にはこの方法はあまりおすすめできません。最終的に有人店舗や自動契約機まで行かなくてはいけないので、最初からどちらかを利用した方がいいでしょう。
 

プロミスの即日融資をまとめると

プロミスから即日お金を借りる為には、自動契約機を利用するか、ネットから申込みを行い、その後で自動契約機を利用する方法がおすすめです。この2つの方法であれば、平日や休日を問わず、多少遅い時間になってしまっても問題ありません。
 
 

プロミスで土日に借りるポイント

プロミスで少額キャッシング
(出典:キャッシング利息ゼロ

急にお金が必要な時って平日だけでなく土曜日や日曜日の時もあります。そんなとき便利なのがプロミスでのキャッシングです。

プロミスでは、テレビでもお馴染みですが30日間無利息サービスがあり土日でも適用されまた、初めて借りる時メールアドレスを登録しておけば30日間は無利息で借りられるのです。

インターネットから申し込みができてとても便利ですがその時には、必要書類を用意しておくと速やかに審査に入れます。インターネットが苦手な人は、直接プロミスの無人自動契約機に行って審査から契約まででき、その場でカードが発行され直ぐにお金を借りることが出来ます。

その場合は、審査時間は30分かかり必要な書類の手続きを入れると1時間くらいはかかってしまします。時間に余裕がある人なら良いですが、時間を節約したい人はインターネットから申し込みをしてから無人自動契約機に行く方が時間も無駄にならず済みます。

プロミスには提携銀行が2社あり、1社は三井住友銀行でもう1社はジャパネット銀行です。この2社に口座があると金融機関がお休みでも、振込をしてくれるのです。

また、プロミスには独自のサービスとして「瞬フリ」というのがあります。このサービスは、プロミスに提携銀行の口座を登録しておけば24時間いつでも最短10秒で振り込みをしてくれます。

お金を借りる方法は、ATMでもという人もいると思いますが、その時は、コンビニのATMや無人自動契約機でも利用が可能です。もちろんどちらも土日でもコンビニなどのATMからお金を借りることが出来ます。

プロミスの審査に落ちたときには、その原因をよく考えて改善してから申込むことが最短で借りるための重要事項だといえます。
 
 

プロミスでは在籍確認の電話なしで借りることができる?

キャッシングの審査では、申込みを行った人の職場まで電話を掛けて在籍確認をするのが通例となっていますが、プロミスではこの電話による在籍確認なしで契約することができる方法があります。

その方法とは、申し込み時に職場への在籍証明となる書類を一緒に提出することです。これによって在籍確認の電話をする必要が無くなり、職場へ電話が掛かってくることなく契約が行えます。

この必要になる書類とは、職場から支給されている社会保険証、もしくは各種の組合保険証です。これは必須となり、その他に直近の給与明細票も必要になります。これらを用意できれば、職場への在籍確認の電話を回避することができます。

ただし、申込み時に必ずその旨を伝えておく必要があります。単にそれらの書類を提出しただけでは電話で在籍確認をされてしまうことがあるので、必ず申込みを行う際に”職場への在籍の証明はこれらの書類で行って欲しい”と伝えてください。

申込みに自動契約機を利用する際にはインターホンでのやりとりの中で、電話の場合も同様に、そして、郵送やネットからの申込みではどこかにその旨を必ず記載しておいてください。

また、在籍確認を書類で行う理由を尋ねられることがあります。この場合には、”職場に私用の電話が掛かってくると困るので”などと答えておけば問題ありません。プロミスの在籍確認の電話は個人名で掛かってきますが、実際にそのような電話は困る場合も多いので、特にその他に特別な理由が無い場合にはこの理由が一番です。

プロミスでキャッシングした女性
 
 

プロミスで収入証明書不要で契約を行うには?

キャッシングの利用時には本人確認書類の提出が必要ですが、場合によってはそれと併せて収入証明書も必要になることがあります。

それは、消費者金融や信販会社のキャッシングを利用する時に、申し込み金額が50万円を超える場合、または既にそのようなキャッシングを利用していて、その金額と今回の希望金額を合わせて100万円を超える場合です。このような場合の収入証明書の提出は、貸金業法によって義務付けられています。

よって、これらのケースに該当しなければ、プロミスで契約時に収入証明書が必要になることはありません。他社からの借入が一切なければ、希望金額が50万円以下(50万円も含む)なら本人確認書類だけで契約を行うことができます。

ですが、これは会社員や公務員、またはアルバイトなどの給与所得者の場合です。自営業者や経営者の場合は話が変わり、希望金額に関わらず収入証明書の提出を求められます。

これには確定申告書や所得証明書(課税証明書)、住民税の決定通知書のどれかが必要になります。給与所得者で提出が必要な場合は、これら以外に会社から貰える源泉徴収票、または直近の2ヶ月分の給与明細票(賞与がある職場の場合は直近の1年分の賞与明細書も一緒に)も利用することができます。
 
 

プロミスはメリットありますが、デメリットもある

融資額が総量規制の対象となってしまい年収の3分の1までしか借りられないのですが、この3分の1とはすべての合計金額となります。

総量規制というのは、法律で定められている賃金業法で個人にお金を融資する時の規制で、借りすぎてしまって借金地獄に陥らないためにできた法律です。これは、デメリットと言えないかもですが借りられる金額に関して言えばデメリットになります。

お金を借りる前にどうしても避けられないのが審査です。プロミスの審査は、甘くないので以前に金融事故がある人だと厳しいと言えます。即日融資を希望して通る人もいれば落ちる人もかなりいますがそこには、厳しい審査で決まってしまうのです。

特に他から借り入れていてたり多重債務がある人には審査に落ちることがかなりあります。金利に関しては、他社と比べればまだ低いと方ですが、大手の銀行と比べた時は高くなってます。

一般的に銀行のカードローンは、最高の金利でも14%に対してプロミスは17.8%とかなり高いのです。全てがデメリットとは言い難いですが、大手の銀行と比べるとやはりデメリットの部分が目立ちます。

実際にキャッシングを検討するときは、よく調べてから申し込みをする事をお勧めします。
 
 

プロミス無人契約機の使い方と借入の流れ

プロミスの無人契約機では、申込み~借入れまで手続きを完了することが可能です。しかも同じ店舗内にATMが設置されているため、契約完了後に直接ローンカードの受取りが完了すればすぐに借入れすることができます。

無人契約機内での手続き方法は、画面の説明通りにパネル操作を行うことで手続きを完了することが可能です。手続きを進めていく中で、疑問や質問などがある場合は画面横にオペレーターに直接つながる受話器が設置されているため、質問することも可能なため安心です。

プロミスの無人契約機は全国で1,000台以上設置されており、三井住友銀行内でも無人契約が設置されているため多くの方に利用してもらうことができます。

ただし、無人契約機で申込手続きを行う場合は、無人契約機内で審査回答を待たなければいけません。プロミスは審査回答まで最短30分とされているため、審査回答だけでも最低30分は無人契約機内で審査回答を待たなければいけません。

このようなストレスなく、手続きを行うためにも申込みは事前にインターネットで行っておくことをおすすめします。手続きを完了し、審査回答を待っている間に無人契約機に移動することでスムーズに手続きを進めることは可能です。

審査回答後は無人契約機で契約を行い、その場でローンカードや必要確認書類なども受取ることが可能なため自宅への郵送物も無く借入れすることができます。
 
 

プロミス体験談

家族に内緒でキャッシングを利用しました

しろう 30代前半 会社員男性
2013年5月から1年程

私がプロミスでキャッシングを利用した理由は新しいゲーム機が欲しかったからです。我が家では家計は妻が管理していて毎月決まった額のお小遣いをもらってその中で色々やりくりしています。

その月は飲み会があったりしてお金に余裕がありませんでした。ゲーム機を買うためにお小遣いの前借りを頼んでも却下されそうだったのでキャッシングでお金を借りることにしました。

はじめはパソコンから申し込むことも考えたのですがカードや契約書類が自宅に郵送されると家族にばれてしまうのでプロミスの自動契約機で申し込みを済ませることにしました。

自宅近くにもプロミスの店舗はあったのですが入るところを知り合いに見られたらまずいので隣町まで出かけました。キャッシングの利用は初めてだったので自動契約機に入るときは緊張したのですが、中には誰もいなくて手続き自体は機械を自分で操作して進めていきました。

画面に出てくる指示に従って機械を操作すればいいだけだったので初めてでもスムーズに手続きを終了することができました。

その場で勤務先への在籍確認もすますことができたので審査終了後はすぐにカードが発行されました。限度額は20万で金利は17.8%でした。

ゲーム機を買うだけだったので5万だけ引きだして後は使いませんでした。借り入れが5万だったので返済期間は3ヶ月で済みました。借入金額が少なかったので金利負担もほとんど感じませんでした。思ったよりも手軽にお金を借りることができて満足でした。
 
 

プロミスは審査結果もすぐに出ました

ゆう 40歳 投機家 男性 神奈川在住
借入枠:50万円
借入当時の年収:600万円
利用時期:2013年7月~現在も(2016.1)

会社員として働きながらFX取引をしている私は2013年7月にに取引が上手くいかなくなった際に、生活費が苦しくなりプロミスに融資の申し込みをしました。

プロミスを選んだ理由は、ネットと電話で申し込み・審査・銀行口座への融資の全てを済ませることが出来るので、在宅でFXを仕事にしている自分にはありがたかったためです。

ネットの公式ページで住所・電話番号・勤務先・年収・他社からの借り入れ額などを入力して、身分証明として運転免許証の写メ・所得証明として給与明細の写メをアップロードしておしまいという簡単なものでした。

ネットでの申し込みから1時間後くらいに電話があり、意思確認と仕事内容・給料体系などを聞かれたあと、勤務先への在籍確認が個人名で行われ、審査は終わりました。

さらに約1時間後、電話連絡で融資可能との連絡があり、無事に希望通りの50万円の融資枠をいたただきました。

金利は18%で毎月の返済は最低13000円という契約で、銀行口座に振込で融資を受けることが出来るのでお願いしました。

返済・再度の借り入れは専用ATMかコンビニATMでカードを使って行うことになります。カードは書留で郵送していただきましたが、急いでいる場合には専用ATMに出向けばその場で受け取れるとのことでした。

融資する側が審査する項目は突き詰めれば、どういう理由で借りるのか・きちんと返済出来る収入が見込めるのかという2点になります。嘘のない申告で融資を受けることによって、借りる側としても安心して利用出来ると感じました。

電話応対の丁寧さ・迅速さがかなり優れていることも安心に繋がったので、返済に無理のない範囲でこれからも生活費に困ることがあれば利用するつもりです。